現役メイド S.N さん
  • 1.基本

    面接では、本人と会ってみての印象をチェックします。面接で遅刻してしまうと、採用した後に遅刻が多いのではないかという不安な印象を与えてしまいます。
    やむを得ない場合には、遅刻が分かった時点でなるべく早く相手先に連絡をすることが大切です。
    ちゃんと連絡がとれる人であるか、約束は守れるか、というのは他の仕事であっても基本中の基本です。
  • 2.服装

    喫茶店でも、リフレクソロジーでも、接客業であるということを念頭に置いておくことが大切です。
    特に、メイドの仕事は人に特に見られています。スタッフに清潔感がないと、お店はそれだけでイメージダウンになってしまいます。爪は伸びていないか、化粧はきつすぎないか、香水は強すぎていないか、こういう所も、とても大切です。
     服装も、清潔感のあるものを取り入れていれば、印象はぐっと良くなるはずです。
  • 3.情報収集

    メイド喫茶で働くためには、そのメイド喫茶を知ることが大切です。
     「どうして沢山のメイド喫茶の中でも、うちのお店を選んだのか?」という質問は、必ずと言っていいほど聞かれます。こんな時、貴女なら何と答えますか?
     例えば、エンターテイメント性の強い、ステージのあるようなお店で「シックなビクトリアンメイドが好きで・・・」と答えてしまうと、どうでしょうか?
     この場合には、「かわいらしいメイドさんのステージに憧れ・・・」と答えた方が的確ではないかと思います。
     こういったお店の方向性は、まず受けたいお店に一回は足を運ぶことによって分かってくると思います。そのお店の接客の特徴等を知り、「このお店のこういうところが好き」を、見つけることが、面接に合格する第一歩です。
  • 4.最後に

    まとめると、どれだけそのお店に適した人間であるかをアピールするかということが、メイド喫茶の合格に繋がると思います。
    多くのお店を受け、どれか受かったところに・・・というよりは、「このお店で働きたい」
    というお店に集中し、受けるのもコツなのではないかと考えます。
現役メイド K.K さん
  • はじめに

    メイドさんのお仕事は、メイド服を着てにこにこして立っていれば良いわけではありません。採用されれば当然、するべき仕事があります。面接官は、その応募者に仕事の適性があるか、やる気があるか、周りとの協調性があるか、を見ています。面接という限られた時間の中でそれを最大限にアピールするための必要最小限のことは以下の4つです。
  • 1.挨拶をきちんと!

    まずは、挨拶をきちんとしましょう。面接で挨拶は重要です。声の大きさや表情など、面接地に着いた瞬間から面接官のチェックはすでに始まっているはずです。

    例:「面接に来ました○○ともうします。どうぞ宜しくお願い致します」
  • 2.職歴でアピール!

    どんな面接でも職歴の有無は聞かれます。メイド業界も例外ではありません。メイドに関わる職務経験があるなら、その職歴を活かして働ける、という点をアピールすればよいでしょう。もし、メイド経験が無い場合でも、接客業の経験がある、等そのとき応募した職種に結びつきそうな仕事経験を。
  • 3.必ず聞かれる志望理由

    志望理由も必ず聞かれます。履歴書にも書く内容ですが、それをそのまま丸暗記して言うのではなく自分の言葉で面接官に伝えましょう。「興味があったから」などでは具体性に欠けます。その場合は、その仕事のどこに興味を持ったのかを掘り下げて!
  • 4.お礼を忘れずに

    面接は挨拶に始まり、挨拶で終わる。最後に面接をしてもらったお礼を言うのも忘れずに!

    例:「今日はどうもありがとうございました」
会員登録 ログイン | お店情報の掲載 お店専用ページ | よくある質問と回答 お問い合わせ
.ball-loader